プロフィール

鹿児島市 生まれ


7歳より書を始める。


個展活動を中心に「共感できる書」を目指す。


1998年より、毎年、西宮、神戸、大阪、京都、香川で個展、グループ展を開催。

武道家、音楽家、縄文復元画家との交流を通じて新しい世界を拓く。

学生時代に専攻した漢詩や古典を長年書いてきたが、近年は日々の想いを自身の言葉で自在に表現している。


2004年から5年間、酒蔵での個展を行った際に『神』の存在を強く意識することがあった。それ以来、古代人の精神世界に深く興味を持ち、最近は甲骨文字の作品が多い。


兵庫県西宮市 在住