第9回 2015年6月6日 芒種

 「芒種」とは、稲、麦など、芒(のぎ)のある穀類の種を蒔くころのことです。 芒とは、イネ科の植物の穂先にある針のような突起をさします。

 日本では、この時期は梅雨の足音が聞こえてくる頃でもあります。梅雨入りすると、じめじめしたうっとうしい日が多くなりますが、しみじみと雨を眺めたり静かに雨音に耳を傾けるのもよいですね。また、雨の日にお香を聞くのはなんとも心が落ちつくものです。

 

 今日取り上げる文字は「雲」と「香」です。

画像をクリックすれば大きくなります

雲

「雲」  甲骨文字

 

 音を示す要素の音符は「云(うん)」。「云」は雲の流れる下に龍の捲いている尾が少しだけ現れている形です。

 「云」が雲の元の字で、後に気象現象をあらわす「雨」を加えて「雲」の字になりました。また「云」は「云う(いう)」のように別の意味にも使われるようになります。

 「龍」は不思議な力を持つ伝説上の聖なる獣で、洪水の化身といわれます。

 古代文字の成り立ちを知り、龍の尾っぽがちらりとのぞいている この「雲」の字を見ると、頭隠して尻隠さずの慣用句をふと思い出してしまいます。恐ろしい龍の姿も、とても愛らしく思えてきますね。

 この作品は、「云」の文字に、八木重吉の詩である『もくもくと雲のやうにふるえてゐたい』 を添えました。もくもくと、湧き上がる雲の様子が表現できるよう、淡墨を使い、にじみを出しています。

香

「香」  甲骨文字

 

 「黍(しょ)」と「曰(えつ)」とを組み合わせた形です。

 「黍」は、きび類のこと。「曰」は「さい」の文字の上に一本線が増えた形で、これは「さい」の中に祝詞が入っている事を意味します。

 「さい」は、第4回の春分編に、「闇」の文字のところで説明しましたね。

   (もう一度「さい」の説明を見るにはこちらを)

 神に黍をすすめ、祝詞を奏して神に祈る意味の字だと思われます。中国最古の経典である「書経」に、黍稷(しょしょく)は、もちきび、うるちきびなどのことを言い、これらの芳しい香りは神の心を動かすとあります。
 そのために、神を祭るときには香りをつけた酒を供えたり、犬を焼いてその臭いを天に昇らせたりしたようです。

 「香」は黍の芳しい香りをすすめて神に祈る字で「かおり、か、かおる、におい、よいにおい、かんばしい」の意味となります。

 ちなみに同じような意味をもつ「匂」の文字は中国から伝わった漢字ではありません。文化や風土に合わせて日本で作られた文字、すなわち国字です。他に「峠」「凪」「榊」なども国字になります。


 日本列島は梅雨入りしたばかりで、これから長雨の季節になります。毎年のように、大きな災害が起こり悲しいニュースが聞こえてきます。龍神さん、今年は、あまり暴れないでおとなしくしていてください。どうぞ、お手柔らかにお願いします。

 

次回は6月22日「夏至」の頃に・・・

◇第1回 2015年2月4日 立春
      「春」
◇第2回 2015年2月19日 雨水
      「雪」 「男」
◇第3回 2015年3月6日 啓蟄
      「蛇」 「遊」
◇第4回 2015年3月21日 春分
      「陽」 「闇」
◇第5回 2015年4月5日 清明
      「桜」 「命」
◇第6回 2015年4月20日 穀雨
      「雷」 「眠」
◇第7回 2015年5月6日 立夏
      「夏」 「風」
◇第8回 2015年5月21日 小満
      「育」 「時」

◇第9回 2015年6月6日 芒種

      「雲」 「香」

◇第10回 2015年6月22日 夏至

      「舞」 「飲」

◇第11回 2015年7月7日 小暑

      「星」 「祭」

◇第12回 2015年7月23日 大暑

      「氷」 「郷」

◇第13回 2015年8月8日 立秋

      「秋」 「暮」

◇第14回 2015年8月23日 処暑

      「果」 「器」

◇第15回 2015年9月8日 白露

      「白」 「豊」

◇第16回 2015年9月23日 秋分

      「夜」 「月」

◇第17回 2015年10月8日 寒露

      「尊」 「喜」

◇第18回 2015年10月24日 霜降

      「栗」 「食」

◇第19回 2015年11月8日 立冬

      「冬」 「北」

◇第20回 2015年11月23日 小雪

      「降」 「新」

◇第21回 2015年12月7日 大雪

      「師」 「始」

◇第22回 2015年12月22日 冬至

      「聖」 「神」

◇第23回 2016年1月6日 小寒

      「吉」 「福」

◇第24回 2016年1月21日 大寒

      「鬼」 「還」