第24回 2016年1月21日 大寒

 

 「大寒」とは、一年の中で最も寒さの厳しいころのことです。北国では来る日も来る日も雪が降り続きますが、南国では蕗の薹(ふきのとう)が顔を出したり、樹木の芽吹きの便りが届くこともあります。また、冬至を過ぎて少しずつではありますが、日もだんだん長くなり、陽射しも強くなっていきます。気温はまだまだ低いのですが、もうすぐ近くまで春が来ているようです。

 

 このような時期に使われる自身の好きなことばに「春隣(はるとなり)」があります。この二文字を見ているだけで、ぽかぽかとうれしくなりませんか?
 さて、対面が待ち遠しい「蕗の薹」ですが、別に「蕗の姑(ふきのしゅうとめ)」「蕗の祖父(じい)」と面白い呼び方があります。「蕗の祖父」は「蕗の姑」のパートナーとして考えられたのでしょうが「姑」の方は、苦味があるからとの説があるようです。ほんとうでしょうか!!??
 そう言えば、芽が出るので縁起の良いものとして、おせち料理に使われる「くわい」は「慈姑」と書きます。ここにも「姑」が登場しますね。これは「姑を慈しむ」ではなく、くわいが1年で1根から12子が出来、それが慈しみ深いお母さん(姑)が子育てをする姿に似ているということから中国であてられた漢字だそうです。古今東西、人々の心が見え隠れします。

 暦の上で年の初まりの日とされた「立春」から開始して、二十四節気ごとに書いてきましたこのコラムも、今回が最後になりました。ひと回りしてついに「立春」の直前まで還ってきました。
 「立春」の前日が冬と春の季節を分ける「節分」です。元気なかけ声で「鬼は外、福は内・・・」と豆をまき、季節の変りめに出るといわれている邪気を払えば、春のおとずれです。


 最後に取り上げる文字は「鬼」と「還」です。

画像をクリックすれば大きくなります

鬼

「鬼」  甲骨文字

 

 黄鬼(黄色の紙)をご覧ください。「人」の古代文字の形に大きな頭を加えた形です。

 

 大きな頭がこの世の人の姿とは異なることを示しています。人は死んだら人鬼になると考えられていたようです。「鬼籍に入る」ともいいますね。

 

 赤鬼(赤色の紙)には水滴を加えてあり、これは香りのついた酒をふりかけて清め祓っていることを示しています。また青鬼(青色の紙)には、神を祭る時に使う机(祭卓)である「示」を加えてあります。


 おとぎ話の世界みたいに、赤鬼、青鬼・・・少し遊んでみました。もうじき桃太郎ならぬ、たくさんの豆たちに打ちのめされます。

「還」  甲骨文字

てい

この右の部分は、葬儀の際、死者の衣装の襟もとに死者の霊に力を添える玉(○)

 

を置いて、上に生命のあることを証明する「目」を書いている字形です。

還

 これは、死者が生き還ることを願う儀礼です。このときに使う玉を「環」といいます。「還」は死者が生き「かえる」ことを祈る意味でしたが、辵(ちゃく、歩くという意味がある)を加えて、往還(行き帰り)の「かえる」という意味に使われるようになったようです。

 作品は、2008年の酒蔵での個展「ハレの酒」の部分です。
 ハレとケ、決しておめでたいことだけがハレではありません。ハレは非日常的な機会であるのに対してそれ以外はケです。縄文のムラでの悲しいハレの場面です。出来ることなら出会いたくないが、どうしても避けることのできないハレを作品にしました。

 

 祈りの土偶を地面に打ち付けて叫ぶムラビトの声が聞こえてきます。


『還 もう一度生まれて来い あのお月様のように』


 昨年の「立春」から二十四節気ごとにコラムを書いてまいりましたが、今回の「大寒」でひとめぐりしましたので、「古代文字って?」は、ひとまず終了したいと思います。


 ただいま次のテーマを思案しています。近いうちに再開する予定ですのでどうぞお楽しみに・・・

◇第1回 2015年2月4日 立春
      「春」
◇第2回 2015年2月19日 雨水
      「雪」 「男」
◇第3回 2015年3月6日 啓蟄
      「蛇」 「遊」
◇第4回 2015年3月21日 春分
      「陽」 「闇」
◇第5回 2015年4月5日 清明
      「桜」 「命」
◇第6回 2015年4月20日 穀雨
      「雷」 「眠」
◇第7回 2015年5月6日 立夏
      「夏」 「風」
◇第8回 2015年5月21日 小満
      「育」 「時」

◇第9回 2015年6月6日 芒種

      「雲」 「香」

◇第10回 2015年6月22日 夏至

      「舞」 「飲」

◇第11回 2015年7月7日 小暑

      「星」 「祭」

◇第12回 2015年7月23日 大暑

      「氷」 「郷」

◇第13回 2015年8月8日 立秋

      「秋」 「暮」

◇第14回 2015年8月23日 処暑

      「果」 「器」

◇第15回 2015年9月8日 白露

      「白」 「豊」

◇第16回 2015年9月23日 秋分

      「夜」 「月」

◇第17回 2015年10月8日 寒露

      「尊」 「喜」

◇第18回 2015年10月24日 霜降

      「栗」 「食」

◇第19回 2015年11月8日 立冬

      「冬」 「北」

◇第20回 2015年11月23日 小雪

      「降」 「新」

◇第21回 2015年12月7日 大雪

      「師」 「始」

◇第22回 2015年12月22日 冬至

      「聖」 「神」

◇第23回 2016年1月6日 小寒

      「吉」 「福」

◇第24回 2016年1月21日 大寒

      「鬼」 「還」