第23回 2016年1月6日 小寒

 「小寒」とは、一年中でいちばん厳しい寒さのはじまり、寒の入りのことです。立春の寒の明けまでを寒の内といいます。

 寒の時期をひかえながら、とても暖かくおだやかなお正月でした。初夢はみましたか?室町時代のころからの風習で、七福神の乗った宝船の絵に「「なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな(長き夜の 遠の眠りの 皆目覚め 波乗り船の 音の良きかな)」という回文の歌を書いたものを枕の下に入れて寝ると、よい夢をみるとされていたようです。古人たちは、なんと風流だったのでしょう。そういえば、青春時代に、好きな人の写真を枕の下に敷いて寝たら、その人の夢をみられる・・・という言い伝えがあったような・・・人の願う心は、時代が変化してもあまり変わらないようですね。

 七福神といえば、今年の初詣は大阪七福神めぐりをしてきました。四天王寺の布袋尊、今宮戎神社の恵比寿大神、大國主神社の日出大国神、大乗坊の毘沙門天、法案寺の弁財天、長久寺の福禄寿、三光神社の寿老人と、3時間ほどかけてのんびりウォーキングし七つの神社仏閣を廻りました。
 大阪七福神めぐりは、江戸時代にこのあたりで商いをしていた大阪の町人たちが互いの氏神さんや信仰寺の情報を交換する中で自然発生的に生まれた風習でしたが、いつのまにか途絶えてしまい、大正時代になって再び復活したとのことです。
 例年と違い、複数の神社仏閣を廻ったのでたくさんの福をいただいた気がしています。

 今日取り上げる文字は、おめでたい新年にちなんで、「吉」と「福」です。

画像をクリックすれば大きくなります

吉

「吉」  甲骨文字

 

 「士」と「口(さい)」とを組み合わせた形です。

 「士」は小さな鉞(まさかり)の頭部を下に向けた形ですが、鉞には邪悪なものを追い払う力があると考えられていたようです。

 「さい」は、たびたび出てきています、神への祈りの文である祝詞を入れる器の形です。祝詞には神への願い事を実現させる働きがあると考えられていたので、「さい」の上に神聖な鉞を置いて、祈りの効果を守ることを示しています。鉞によって祈りの効果がよい状態になると、祈りが実現して人々は幸せになり、めでたくなるので、「吉」には「よい、しあわせ、めでたい」という意味があります。

  作品は、2012年の個展「雪待月のころに」のものです。
   『吉  よいことあるごとし』
 おめでたい雰囲気を醸すよう、金のマットに朱塗りの縁で仕上げました。

五福

「福」  甲骨文字

 

 「畐(ふく)」と「示」を組み合わせた形です。

 

 「畐」は酒樽のように器のお腹の部分が膨らんだ器の形、「示」は神を祭るときにお供え物を載せる祭卓の形ですので、神前に酒樽を供えて祭る形を表している文字です。

 神前に酒樽を供えて祭り、幸いを求めることを「福」といい、「さいわい、神のたすけ、たすけ」の意味に用います。このように祭ることによって、神から幸いが与えられると考えられていて、ひもろぎ(神に供える肉や米など)も「福」といい、これを同族の間で分けることを致福というようです。神に供えた物を分けるのは、神の福禄、つまり幸いが与えられるからです。現代でいうところの「直会(なおらい)」でしょう。

 

 人は文明の発達とともに便利さのあまり、忘れ物をし、驕ってしまいがちですが、やはり神の御前ではとても謙虚になりますね。新年には初詣に行きますし、いろいろな場面で願掛けもします。何千年も同じことを続けてきています。

 作品は、2015年の個展「はじまりのとき」のものです。

 新年ですので、「五福」です。五福とは、長寿、富貴、健康、徳を好むこと、天寿を全うすること、「五つの福」が天上から舞い降りてくるようなイメージで配しました。


 文字がまだ統一されていない時代の文字ですので、いろいろな形があります。酒樽の形も違いますし、祭卓を表す「示」の位置も右にあったり、左にあったりいろいろです。下方の「福」の文字には、左右の手が書かれていて、酒樽を大事そうに抱え、まさに神に捧げようとしています。


 新しい一年に、たくさんの福がおとずれますように・・・


 年が明けて、おせち料理に初詣、初夢、凧揚げ・・・三が日はあっという間に過ぎました。そして、明日は松飾りを取り外し、七草がゆをいただいて、来週は鏡開き、ぜんざいと、いろいろなならわしがあり、一年中でいちばん日本人であることを意識する季節ではないでしょうか。その行事のひとつひとつに由来があり、また無病息災への願いが込められています。先人たちの知恵と愛情が感じられ、あらためて敬服します。
 今年が、穏やかなよい年でありますように。

次回は、ついに最後の節気、1月21日「大寒」の頃に・・・

◇第1回 2015年2月4日 立春
      「春」
◇第2回 2015年2月19日 雨水
      「雪」 「男」
◇第3回 2015年3月6日 啓蟄
      「蛇」 「遊」
◇第4回 2015年3月21日 春分
      「陽」 「闇」
◇第5回 2015年4月5日 清明
      「桜」 「命」
◇第6回 2015年4月20日 穀雨
      「雷」 「眠」
◇第7回 2015年5月6日 立夏
      「夏」 「風」
◇第8回 2015年5月21日 小満
      「育」 「時」

◇第9回 2015年6月6日 芒種

      「雲」 「香」

◇第10回 2015年6月22日 夏至

      「舞」 「飲」

◇第11回 2015年7月7日 小暑

      「星」 「祭」

◇第12回 2015年7月23日 大暑

      「氷」 「郷」

◇第13回 2015年8月8日 立秋

      「秋」 「暮」

◇第14回 2015年8月23日 処暑

      「果」 「器」

◇第15回 2015年9月8日 白露

      「白」 「豊」

◇第16回 2015年9月23日 秋分

      「夜」 「月」

◇第17回 2015年10月8日 寒露

      「尊」 「喜」

◇第18回 2015年10月24日 霜降

      「栗」 「食」

◇第19回 2015年11月8日 立冬

      「冬」 「北」

◇第20回 2015年11月23日 小雪

      「降」 「新」

◇第21回 2015年12月7日 大雪

      「師」 「始」

◇第22回 2015年12月22日 冬至

      「聖」 「神」

◇第23回 2016年1月6日 小寒

      「吉」 「福」

◇第24回 2016年1月21日 大寒

      「鬼」 「還」