第2回 2015年2月19日 雨水

 「雨水」とは降る雪が雨へと変わり、氷が解け出すころ、昔から農耕の準備を始める目安とされたようです。今回取り上げるのは、そろそろ名残の?「雪」と、古代では農耕その物や農地の管理者を表していた「男」の文字です。

画像をクリックすれば大きくなります

雪

「雪」  甲骨文字

 

 空から雪のかけらが舞い落ちる形をあらわしています。


 その雪のかけらは、羽の形のように表現されています。
実際に降る雪を見ていると羽毛が舞い落ちてくるように見えますよね。
 古代の人々もきっと同じように感じて、空を見上げていたのでしょう。

 空をあらわす上の部分を見ると、仕切りのような縦の線があります。古代人にとって空は、今私たちが思っているようにどこまでも広がるものではなく、限りのある狭いものと捉えられていたのかもしれません。

男

「男」  甲骨文字

 

 「田」と「力」を組み合わせた形です。


 「力」は耒(すき)の形をあらわし、農地の「田」と農具の「耒」とを組み合わせて農耕の事を示していますが、古くは農地の管理者を「男」と言ったそうです。

 

 

 

 この作品は、佐賀県唐津市の菜畑遺跡(福岡市の板付遺跡と共に日本で一番古い水稲耕作の遺跡)を訪れた際にインスピレーションがわいて制作したものです。
 縄文人の女性と渡来人の男性が出会った。この渡来人の男性が日本に稲作を伝えたと想定して、その物語を二人の間に生まれた女の子に語ってもらいました。

 上にある大きな文字は、右から「母」「子」「禾(いね)」「男」。

 下部の小さな文字は、『父さんは籾の入った 壺だけを抱えて 仲間たちと舟に乗り 遠い海の向こうから この地へやって来ました ここで母さんと出会い 私が生まれました 今このムラには たくさんの水田があり 青々とした稲穂が 風にそよいでいます』

 女性は、以前から北部九州に住んでいた縄文人、男性は戦火を逃れて、籾の壺を抱え大陸から九州の地にやって来た渡来人です。水稲耕作は、大陸から伝来したとされていますから、おそらくこのような事情で伝わったのだと思います。
 お父さんになった渡来人の彼も、家族のために耕作に精出したことでしょう。


 まだまだ寒いですが、三月に入ると雛祭り、そして啓蟄ですね。虫たちも這い出してきてだんだんと暖かくなっていきそうです。

 

 ポカポカ春の陽気が待ち遠しいですね。
ちなみに一説には「雨水」に雛人形を飾ると良縁に恵まれるといわれているようです。

 

では、次回は3月6日「啓蟄」の頃に・・・

◇第1回 2015年2月4日 立春
      「春」
◇第2回 2015年2月19日 雨水

      「雪」 「男」
◇第3回 2015年3月6日 啓蟄
      「蛇」 「遊」
◇第4回 2015年3月21日 春分
      「陽」 「闇」
◇第5回 2015年4月5日 清明
      「桜」 「命」
◇第6回 2015年4月20日 穀雨
      「雷」 「眠」
◇第7回 2015年5月6日 立夏
      「夏」 「風」
◇第8回 2015年5月21日 小満
      「育」 「時」

◇第9回 2015年6月6日 芒種

      「雲」 「香」

◇第10回 2015年6月22日 夏至

      「舞」 「飲」

◇第11回 2015年7月7日 小暑

      「星」 「祭」

◇第12回 2015年7月23日 大暑

      「氷」 「郷」

◇第13回 2015年8月8日 立秋

      「秋」 「暮」

◇第14回 2015年8月23日 処暑

      「果」 「器」

◇第15回 2015年9月8日 白露

      「白」 「豊」

◇第16回 2015年9月23日 秋分

      「夜」 「月」

◇第17回 2015年10月8日 寒露

      「尊」 「喜」

◇第18回 2015年10月24日 霜降

      「栗」 「食」

◇第19回 2015年11月8日 立冬

      「冬」 「北」

◇第20回 2015年11月23日 小雪

      「降」 「新」

◇第21回 2015年12月7日 大雪

      「師」 「始」

◇第22回 2015年12月22日 冬至

      「聖」 「神」

◇第23回 2016年1月6日 小寒

      「吉」 「福」

◇第24回 2016年1月21日 大寒

      「鬼」 「還」