第1回 2015年2月4日 立春

 まず記念すべき1回目、立春の今日は この文字からはじめたいと思います。

「春」  甲骨文字

 

 

 見るからに春が来た!という気がしてうれしくなります。
「木」  「日」  「木」  「屯」

 

 文字の左側は、木・日・木を合わせた形、
右側の「屯」は織物の縁の糸を結びとめた房飾りの形です。

 その「屯」は、ここでは寒い冬の間閉じ込めた草の根を意味します。

 その草の根が日の光を浴びてようやく芽を出そうとする=季節が春になる、そういうことでしょうか。


 

 現時点での研究結果では、甲骨文字には「春」「夏」「秋」「冬」などの季節を表す言葉は確認できていないようです。

なるほど・・・はっきり形のあるものは文字としての形にしやすいですが、季節の感覚を形に表すのは難しいように思います。

 

金文の時代に至って、やっと「春」の元になる字が表われます。
その金文の「春」が次の文字です。

「春」  金文

 

「草」  「屯」  「日」

 

 たっぷりと日を浴びて、草木が萌え出づる様子です。見ていて元気になります。野山を駆け回りたくなるような・・・
 冬の間、閉じ込められていた草木も開放され、伸びをしているように思えます。

 

 暦の上では今日からもう春、なんとなくわくわくしてきますね。


では、次回は2月19日「雨水」の頃に・・・

◇第1回 2015年2月4日 立春

      「春」
◇第2回 2015年2月19日 雨水
      「雪」 「男」
◇第3回 2015年3月6日 啓蟄
      「蛇」 「遊」
◇第4回 2015年3月21日 春分
      「陽」 「闇」
◇第5回 2015年4月5日 清明
      「桜」 「命」
◇第6回 2015年4月20日 穀雨
      「雷」 「眠」
◇第7回 2015年5月6日 立夏
      「夏」 「風」
◇第8回 2015年5月21日 小満
      「育」 「時」

◇第9回 2015年6月6日 芒種

      「雲」 「香」

◇第10回 2015年6月22日 夏至

      「舞」 「飲」

◇第11回 2015年7月7日 小暑

      「星」 「祭」

◇第12回 2015年7月23日 大暑

      「氷」 「郷」

◇第13回 2015年8月8日 立秋

      「秋」 「暮」

◇第14回 2015年8月23日 処暑

      「果」 「器」

◇第15回 2015年9月8日 白露

      「白」 「豊」

◇第16回 2015年9月23日 秋分

      「夜」 「月」

◇第17回 2015年10月8日 寒露

      「尊」 「喜」

◇第18回 2015年10月24日 霜降

      「栗」 「食」

◇第19回 2015年11月8日 立冬

      「冬」 「北」

◇第20回 2015年11月23日 小雪

      「降」 「新」

◇第21回 2015年12月7日 大雪

      「師」 「始」

◇第22回 2015年12月22日 冬至

      「聖」 「神」

◇第23回 2016年1月6日 小寒

      「吉」 「福」

◇第24回 2016年1月21日 大寒

      「鬼」 「還」